メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

休校中の農業科、野菜、花、鶏の世話は教職員が一手に引き受け 福井農林高

「シクラメンを育てるのは難しいから、生徒とやりたいんですけどねえ」と話す浅井英和さん(左)と大田光宣教諭=福井市の福井県立福井農林高校で、三角真理撮影

 新型コロナウイルス感染防止のため休校になる中でも、高校の農業科では動植物の世話が続く。本来は生徒たちが担う作業を一手に引き受けているのが教職員たちだ。福井県立福井農林高校(福井市)の農場では担当科の教諭や職員ら約10人が野菜、花、鶏の世話にいそしむ。生徒の実習の機会が失われていることに心を痛めつつ、思いは一つ。「いつ生徒たちが戻ってきても、すぐに季節通りの実習が始められるように」。【三角真理】

 文部科学省によると、2019年5月時点で全国の高校(4887校)のうち303校に農業科があり、高校生(約316万人)の約2・5%にあたる約7万8000人が農業科で学ぶ。休校中の農業科の多くで動植物の世話は教職員が担っているという。

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レバノン首都で巨大爆発 「負傷者多数」ロイター報道

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. レバノン首都爆発「何らかの爆弾」 トランプ氏、詳細言及せず

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです