メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「9月から新学期」案 安倍首相「前広にさまざまな選択肢を検討」 衆院予算委

安倍晋三首相

 安倍晋三首相は29日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大で学校の休校が長期化していることを受け、新学期を9月に始める案が浮上していることについて「大きな変化がある中において、前広(まえびろ)にさまざまな選択肢を検討していきたい」と述べた。国民民主党の玉木雄一郎代表への答弁。

 「前広」は「あらかじめ」「前もって」などの意味で、官庁では「時…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  4. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  5. 大阪モデル「黄信号」点灯 未就学児含む32人新たに感染 宣言解除後で最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです