特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「認知症進み家族を忘れてしまうのでは」コロナで会えない懸念にネット活用

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
学生の指導の下、認知症の予防効果があるとされる運動「コグニサイズ」に取り組む参加者ら=大阪市東淀川区で2020年2月28日午前11時8分、岡崎大輔撮影
学生の指導の下、認知症の予防効果があるとされる運動「コグニサイズ」に取り組む参加者ら=大阪市東淀川区で2020年2月28日午前11時8分、岡崎大輔撮影

 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、老人福祉施設や医療機関は、原則として家族との面会を禁止している。厚生労働省の方針に沿うもので、新型コロナ対策としてはやむをえない措置かもしれないが、認知症の家族からは「会わない間に症状が進み、家族を忘れてしまうのではないか」と心配する声が出ている。施設側もこれに対応し、スマートフォンやタブレットを使って新たな“面会”を家族に提供するなどの試みが始まっている。現場の声を聞いた。【生野由佳/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2264文字(全文2492文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集