メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポストにマスク…ん? 誰から? 「送り付け」全国で500件 消費者庁「注意を」

東京都内の女性宅のポストに入っていたマスク=女性提供(2020年4月28日)

 新型コロナウイルスの感染拡大によりマスクの品薄状態が全国で続く中、送り主が不明のマスクが自宅などに届く事例が相次いでいる。国民生活センターによると、全国で500件近く確認された。政府のマスク配布に便乗して、後になって代金を請求する「送り付け商法」の恐れもあるとして、関係機関が注意を呼びかけている。

 東京都内で1人で暮らす90代女性は4月22日朝、透明のビニール袋に入った使い捨てマスク4枚がポストに投函(とうかん)されていることに気付いた。1枚と3枚が別々の袋に入り、封はされず、宛名も住所も書かれていない。政府が全世帯に2枚配布する布マスクではなかった。念のため近所で確認したところ、町内会が配ったものでもなかった。不審に思った女性は警察に相談し…

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです