メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がらんとした院内 感染恐れ外来3割減 病院「長引けば資金繰り考えないと」

間を空けて座るよう促す注意書きも=福岡県内で2020年4月23日、徳野仁子撮影

 大型連休が本格的に始まった29日の昼すぎ、福岡県内にある中規模病院を、入院中の妻の着替えを持った男性が訪れた。「(妻の)調子はどうですか?」「まあ、変わらずですね。リハビリ頑張っとるけん、早く『卒業証書』を渡したいんですが」。病院スタッフと1階待合室で短い会話を交わすと男性は帰っていった。

 新型コロナウイルス感染防止のため、病院では2月末から入院患者への面会を原則断っている。「例年なら遠方のお孫さんがお見舞いに来たりするんですが」。がらんとした院内を見回しながら、管理部門の担当者は顔を曇らせた。

 「感染予防のため、中央列のご使用はお控えください」。待合室に三つずつ並んだ椅子の真ん中の席は、張り紙をして使えなくしている。感染防止対策は院内のあちこちにも。病院の入り口と受付窓口には手を触れずに泡状のアルコール消毒液が出てくる装置を設置し、窓口には職員が手作りしたプラスチックのシートがつるしてある。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです