メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

色の感じ方、壁なくす 誰にでも分かる色遣い提唱 CUDO副理事長に聞く

CUDO副理事長・岡部正隆東京慈恵会医大教授

 生まれつき色の見え方が一般と違う人は、国内に約320万人いる。男性の約20人に1人、女性の約500人に1人が該当する。鉄道路線図や防災マップ、電源ランプなど、世の中には色で伝える情報があふれているが、以前は配慮が足りず、日常生活で困る場面も多かった。自身もそうした色覚を持ち、全ての人に分かりやすい色遣いを提唱するNPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)の副理事長を務める岡部正隆東京慈恵会医大教授に現状などを聞いた。

 ――色覚とは。

 人の目の網膜には長い波長の光、中ぐらいの波長の光、短い波長の光のそれぞれに感度が高い3種類の「錐体(すいたい)」という視細胞があります。この3種類の反応の度合いによって色を識別しますが、いずれかの錐体の機能が大きく変化して、一般的な錐体を持つ人と違った色の感じ方をする人がいます。

この記事は有料記事です。

残り1088文字(全文1453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  3. 熊本で13人不明 土砂崩れや住宅浸水も 11自治体約9万2233世帯に避難指示

  4. 「聞いたことのない音がした」 各地で土砂崩れ、感じた命の危険 九州南部で大雨

  5. 熊本・球磨村の老人ホームで14人心肺停止 ほかに3人低体温症

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです