新型コロナ カンボジアの児童施設が存続危機 国境越え、助け合いを /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
カンボジア・プレアビヒア州の児童養護施設の子どもたち=2020年4月(エファジャパン提供)
カンボジア・プレアビヒア州の児童養護施設の子どもたち=2020年4月(エファジャパン提供)

 新型コロナウイルスの感染拡大の中、カンボジアで児童養護施設などを運営する現地の市民団体「SCADP(スキャップ)」の事業継続が危ぶまれているとして、協力関係にある日本のNPO法人エファジャパン(千代田区)が緊急支援募金への協力を呼び掛けている。【青島顕】

 スキャップは、首都プノンペンと北部のプレアビヒア州で二つの児童養護施設を運営し、親と暮らすことができない子どもたち計約70人を育てている。スタッフには施設出身者を雇用しているという。また、小学校教育の代替とな…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

あわせて読みたい

ニュース特集