メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ カンボジアの児童施設が存続危機 国境越え、助け合いを /東京

カンボジア・プレアビヒア州の児童養護施設の子どもたち=2020年4月(エファジャパン提供)

 新型コロナウイルスの感染拡大の中、カンボジアで児童養護施設などを運営する現地の市民団体「SCADP(スキャップ)」の事業継続が危ぶまれているとして、協力関係にある日本のNPO法人エファジャパン(千代田区)が緊急支援募金への協力を呼び掛けている。【青島顕】

 スキャップは、首都プノンペンと北部のプレアビヒア州で二つの児童養護施設を運営し、親と暮らすことができない子どもたち計約70人を育てている。スタッフには施設出身者を雇用しているという。また、小学校教育の代替とな…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆうちょ銀の海外送金に資金洗浄疑い 国際調査報道で判明 外国人の口座開設容易

  2. 認知症への理解を 姫路城など34都道府県100カ所をオレンジでライトアップ

  3. ピンチ救った8球 巨人・鍵谷の切れるスライダー、1死満塁しのぐ

  4. 巨人が逆転勝ち2連勝 松原、中島ソロ 吉川尚、坂本適時打

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです