メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック@さぬき

人口当たり交通事故死亡者数 香川県、全国1位 大規模交差点が一因か /香川

香川県内で整備が進んでいる大規模交差点=高松市国分寺町で、喜田奈那撮影

 県内で交通死亡事故が多発している。県交通安全県民会議の会長を務める浜田恵造知事は27日、今年3回目となる「交通死亡事故多発緊急事態宣言」を発令した。香川県は人口当たりの交通事故死亡者数で、全国の都道府県でワースト1位となっている。なぜ、県内で交通死亡事故が多発しているのか、原因を探った。【喜田奈那】

 県警交通企画課によると、県内の今年の交通事故死者数は23人(4月28日正午現在)で、前年同時期と比べて10人多い。3、4月の交通死亡事故は外出自粛要請の影響で交通量が減少する一方、速度超過の車両が増え、中央分離帯などに激突する単独事故が多発。また、横断歩道がない道路を渡ろうとして、車にはねられて死亡するケースもあったという。

この記事は有料記事です。

残り1023文字(全文1338文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

  3. それってコロナ対策…? 佐賀県、交付金で「宇宙を知る展示」や電光掲示板

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです