メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 松山空港、人影まばら 大型連休、本格的に始まる /愛媛

閑散とする出発ロビー=松山市南吉田町の松山空港で、遠藤龍撮影

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言が発令されている中、ゴールデンウイーク(GW)が29日、本格的に始まった。絶好の行楽日和となり、例年なら多くの帰省客や観光客らでにぎわう松山空港は一転閑散としていた。

 帰省ラッシュなどで混み合うはずの到着ロビーは、迎えに来る人の姿もまばら。総合案内所にはビニールカー…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文362文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  4. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  5. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです