メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 首相、9月入学「選択肢」 補正予算案、衆院通過

 安倍晋三首相は29日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って学校の入学時期を9月に変更する案に関し、「これぐらい大きな変化がある中においては、前広(まえびろ)にさまざまな選択肢を検討していきたい」と述べた。一方、一律10万円の現金給付などを盛り込んだ今年度補正予算案は29日に衆院本会議で全会一致で可決され、参院に送付された。30日の参院本会議で可決・成立する。

 29日は祝日で、土日・祝日の国会審議は2011年の東日本大震災後以来9年ぶり。早期の10万円給付などの必要性で与野党が一致して実施された。

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 平井デジタル担当相、個人情報保護ルール見直しに意欲

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. 新型コロナ 塩釜のすし店4人感染 従業員と客 利用者は連絡を /宮城

  5. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです