メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

新型コロナ 経済危機、国の役割とは

 世界中に流行した新型コロナウイルスが経済の息の根を止めようとしている。国境を越えた人やモノの移動は制限され、生産活動も縮小。各国政府と中央銀行は政策を総動員しているが、感染拡大が終息しない限り、景気回復は期待できない。かつてない危機に直面した国家が取るべき政策とは何なのか。

 新型コロナウイルスの影響が早期に終息すれば、経済のV字回復が予想される。日本は2025年度に財政健全化の指標となる国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化する目標を掲げているが、感染拡大が早期に終息すれば、この目標は諦めるべきではない。

 一方、新型コロナの影響が長引いたり、短期で終息したとしても、いったん途切れた雇用や請負関係、国際的なサプライチェーン(供給網)が元に戻らなかったりした場合は、さまざまな支障が生じるだろう。経済だけでなく、財政にも悪影響が残る可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り3527文字(全文3912文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです