メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点字毎日 シネマチュプキが存続危機 コロナの影響で経営難 寄付、グッズ販売に活路

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、全国の小規模映画館(ミニシアター)で客足が途絶え経営難に陥っている。政府の緊急事態宣言が発令された後は、休館が相次いでいる。障害の有無に関わらず、皆が一緒に楽しめるユニバーサルシアター「CINEMA Chupki TABATA」(東京都北区)も5月15日まで休館を決めた。

 「Chupki」は、2016年9月に開館。バリアフリー映画推進団体「City・Lights(シティ・ライツ)」が運営に関わっており、毎月4、5作、過去の名作や音声ガイド未対応の最新作などに、音声ガイド・日本語字幕を付けて上映している。

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文973文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです