メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

景気浮揚策、医療・生活支援を圧迫 追加対策求める声 コロナ補正予算成立

2020年度補正予算が賛成多数で可決、成立した参院本会議=国会内で2020年4月30日午後7時11分、竹内幹撮影

 新型コロナウイルス感染症対策を盛り込んだ2020年度補正予算が30日、安倍晋三首相が検討を表明してから約2カ月を経てようやく成立し、政府は緊急経済対策の目玉の1人当たり10万円の「特別定額給付金」手続きに着手した。だが景気浮揚策に1・7兆円が積まれる一方、医療を担う厚生労働省向け予算が7270億円にとどまるなど予算配分はちぐはぐだ。与野党からは、早くも更なる追加対策を求める声があがっている。

 20年度補正予算(1次補正)は過去最大規模の約25・7兆円にのぼる。とはいえ事態が深刻化する前から各省庁が「過去の景気対策を参考に」(官庁幹部)準備を進めた案がほぼそのまま残り、旅行、外食料金割引の「GoToキャンペーン」(約1・7兆円)など終息後の景気浮揚策が多く入った。このため当座の生活、営業、医療支援などの予算を圧迫するちぐはぐな内容となった。

この記事は有料記事です。

残り3391文字(全文3766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. うがい薬転売横行 違法なヨード系はサイト削除、代わりに“透明”が高値

  4. お盆は帰れる?帰れない? 揺らぐ政府発信 西村氏「控えて」菅氏「気をつけて」

  5. 芸能人のPCR検査早い理由「今後番組で話します」 志らくさんが陰性報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです