メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

剣道防具生地でマスク 部活も大会も自粛…老舗が活路 「何としても生き延びる」

竹刀袋の素材などで製造されたマスク。色も柄も多彩だ=宮崎県西都市の「日本剣道具製作所」で2020年4月28日午後2時50分、上入来尚撮影

 国産剣道防具のシェア7割を誇る宮崎県西都市の「日本剣道具製作所」が、防具の生地を使った和柄のマスク作りを始めた。新型コロナウイルスの感染拡大で部活動や大会もなくなり剣道防具の注文が激減したが、民事再生中のため融資を受けられず、創業八十余年の技の存続をマスクに懸けることにした。「防具をまた作れる日まで」と社員一丸となってフル稼働している。

 1937年創業。純国産の剣道防具の老舗で高い縫製技術を持つが、半値以下の中国、韓国産に押され、2011年に民事再生手続きを申請した。

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文959文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

  5. 「ピーク越え?」「局地的には厳しい」「ワクチン評価まだ」 専門家も戸惑うコロナの不思議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです