メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

治療薬「レムデシビル」、評価二分 米国「回復が早まった」/中国「効果確認できず」

 新型コロナウイルス感染症の治療に期待されている抗ウイルス薬「レムデシビル」(ロイター=共同)

 新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「レムデシビル」を巡り、米国と中国はそれぞれ29日に臨床試験結果を発表、米側が「回復が早まった」としたのに対し、中国は「効果は確認できなかった」とした。トランプ米大統領は「早期の新薬承認を望む」と発言した。

 日本政府はレムデシビルについて、海外での承認状況をみて、審査の手続きを簡略化する「特例承認」を適用する方針。国内で最初の新型コロナ治療薬となる見通しだ。

 米国立衛生研究所(NIH)が発表した、1000人を対象とした試験結果では、薬を投与された人の回復にかかった日数は11日ほどで、投与されなかった人が要した2週間よりも短かった。死亡した人の割合を比較しても低く抑えられた。

 一方、中国が英医学誌ランセットに発表した、約240人を対象とした試験の結果では有効性が確認できなかった。ただ試験は、予定した患者数を集めることができず途中で打ち切ったため「効果の有無はさらに検証が必要だ」としている。

 レムデシビルは、米製薬会…

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナのエアコンで「コロナ禍に打ち勝て」 一人親世帯に無償提供 新潟・三条

  2. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  3. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  4. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  5. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです