メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第128回「地球の反対側で何が起きているの? ブラジルのコロナ対策」

[PR]

「地球の反対側で何が起きているの? ブラジルのコロナ対策」をテーマに、ブラジル国内の感染状況や対策、貧困層支援の活動などを解説するサンパウロ支局・山本太一記者(右)と中嶋真希記者=東京・竹橋の毎日新聞東京本社で2020年4月29日午前、佐藤賢二郎撮影

 深掘りしたいニュース、話題について毎日新聞の記者や専門家に聞く毎週木曜日配信のニュース解説「まいもく」。今日のテーマは「地球の反対側で何が起きているの? ブラジルのコロナ対策」。解説はサンパウロ支局の山本太一記者です。

 新型コロナウイルスは日光や湿度に弱いとの説も根強くありますが、季節が正反対の南半球の状況はどうなっているのでしょう。サンパウロを拠点に南米全域をカバーする山本記者に、ブラジルの感染状況や政府の対応、貧困層支援の活動などについて、深掘り解説してもらいました。

 「まいもく」は読者、視聴者の「知りたい」に答えます。取り上げてほしいテーマや質問をメール(movie@mainichi.co.jp)までお寄せください。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです