メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小倉北署交通管理官が衝突事故 福岡県警、酒気帯び運転容疑で捜査

福岡県警本部=森園道子撮影

 福岡県警小倉北署交通管理官の男性警視(53)が北九州市門司区でバイクを飲酒運転し、右折してきた対向車と衝突する事故を起こしていたことが、県警への取材で判明した。警視は同署の交通部門トップ。県警が新型コロナウイルスの感染拡大防止のため不要不急の外出自粛を職員に求める中、警視は外出先で飲酒後に運転していた。県警は道交法違反(酒…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです