メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ便乗詐欺被害 13都道府県で3000万円超 給付金、マスク販売口実に

警察庁が入る中央合同庁舎第2号館=本橋和夫撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に便乗した詐欺について、全国の警察が4月27日現在で未遂を含め13都道府県で32件、計約3117万円の被害を認知していることが警察庁のまとめで明らかになった。1人一律10万円の「特別定額給付金」やマスク販売を口実にした被害が目立つ。警察は特殊詐欺事件などとして5件で容疑者を逮捕し、2件を書類送検した。

 「コロナ」という言葉や、マスクや消毒液の販売名目といった文言が使われた事例を集計した。被害は3月上旬に出始めていた。給付金などを巡っては「口座に振り込むので通帳とキャッシュカードを用意して」と電話し、高齢者らの自宅を訪ねてカードを詐取したり盗み取ったりする事例が8件起きていた。最大で約120万円が引き出されたケースもあった。

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」偽フィギュア1500個、販売目的で所持の疑い 会社員を逮捕 山口県警

  2. 大阪で新たに326人感染 死者は12人で1日当たり過去最多 新型コロナ

  3. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  4. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

  5. 大阪市北区、中央区で時短要請 対象2万5000店 15日間応じた店に協力金

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです