特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ便乗詐欺被害 13都道府県で3000万円超 給付金、マスク販売口実に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
警察庁が入る中央合同庁舎第2号館=本橋和夫撮影
警察庁が入る中央合同庁舎第2号館=本橋和夫撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に便乗した詐欺について、全国の警察が4月27日現在で未遂を含め13都道府県で32件、計約3117万円の被害を認知していることが警察庁のまとめで明らかになった。1人一律10万円の「特別定額給付金」やマスク販売を口実にした被害が目立つ。警察は特殊詐欺事件などとして5件で容疑者を逮捕し、2件を書類送検した。

 「コロナ」という言葉や、マスクや消毒液の販売名目といった文言が使われた事例を集計した。被害は3月上旬に出始めていた。給付金などを巡っては「口座に振り込むので通帳とキャッシュカードを用意して」と電話し、高齢者らの自宅を訪ねてカードを詐取したり盗み取ったりする事例が8件起きていた。最大で約120万円が引き出されたケースもあった。

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文599文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集