連載

#自宅で楽しむ動物園・水族館

毎日新聞デジタルの「#自宅で楽しむ動物園・水族館」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

#自宅で楽しむ動物園・水族館

第1回・桂浜水族館「生きものも飼育員もみんな主役」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
マスコットキャラクター「おとどちゃん」(中央)がつぶやくツイッターが人気の桂浜水族館
マスコットキャラクター「おとどちゃん」(中央)がつぶやくツイッターが人気の桂浜水族館

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国ほぼすべての動物園や水族館が長期休業しています。子どもたちでにぎわっていた施設内は閑散としていますが、愛らしい動物たちはもちろん元気いっぱいです。多くの施設はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を駆使し、機知に富んだコメントとともに動物たちの姿を公開しています。外出自粛が求められる中、「自宅でも楽しめる動物園・水族館」として、大人にも人気になっている動物園や水族館のSNS投稿。その投稿などを紹介する企画の第1回は、マスコットキャラクター「おとどちゃん」のつぶやきが話題の桂浜水族館(高知市)です。【西田佐保子】

ツイートで裏方の「飼育員」にフォーカス

外出自粛で客足が途絶えた4月11日の投稿 拡大
外出自粛で客足が途絶えた4月11日の投稿

 「ハマスイ」の愛称で親しまれる桂浜水族館は1931年4月に開館。「ペンギンごはん」「カワウソ握手会」など、生きものたちへの餌やり体験ができる「ふれあいイベント」が人気の水族館だ。生きものや飼育員との距離が近く、フレンドリーさが魅力の桂浜水族館だが、企画広報の森香央理さんは「田舎の小さな水族館で、特にここに来ないと見られない珍しい魚がたくさんいるわけでもない。都会の大きくて近未来的な水族館とは違って、つぎはぎだらけで昭和感満載。暗い、狭い、古いなど負のイメージが根付き、地元の方からの支持はなかった」と振り返る。

 開業85周年を迎えた2016年、桂浜水族館は「なんか変わるで!桂浜水族館」をモットーに掲げて改革に乗り出す。弱点を逆手に取って水族館の「レトロ感」を売りにし、新たにツイッターによる発信も始めた。

 ツイッターのつぶやきでは、ほかの水族館と差別化を図るため、「おとどちゃん」の目線で、影の存在である「飼育員」にフォーカスした。森さんは「生きものも飼育員もみんな主役。飼育員を好きになってもらえたら、水族館や魚に興味がない人も引き寄せることができる。桂浜水族館や生きものに興味を持つきっかけにもなる」と狙いを説明する。

アシカ、だが…… 拡大
アシカ、だが……

 アシカショーの終了後、アシカと飼育員がキスしたり、ハグしたりと、イチャイチャしている場面なども投稿。当初は「水族館だったら魚の写真上げろ」「イベント情報だけ教えろ」などと批判も多かったが、徐々に「飼育員さんと生きものの写真にいやされる」「飼育員さんに会いに行きたい」などと好意的な意見も集まった。

 森さんは「今では『ツイッターを見て来ました』『〇〇さん(飼育員)に会いたくて〇〇県から遊びに来ました』と声を掛けてもらうことも増えた。お土産やお手紙を持ってきてくださる方もいるし、一部の飼育員にはファンクラブもある」。「飼育員推し」の作戦は成功し、新たな「ハマスイファン」を獲得したのだ。

休館中に死んだコツメカワウソ「ミズホ」の訃報を知らせる投稿 拡大
休館中に死んだコツメカワウソ「ミズホ」の訃報を知らせる投稿

 フォロワーは7万人を超え、ツイッター効果もあってか、今冬は前年を上回る来館者数を記録した。改革の効果が少しずつ見えてきたところで、コロナ騒動が起こった。3月から次第に客足が減り、休館直前の4月12日までの数日間は1日の来館者数が約5~10人に落ち込んだ。入館料収入がなくなった今、収入減を補うため、近く水族館グッズの通信販売を始める予定だ。

 しかし、悪いことばかりではない。外出自粛が求められる中、「おとどちゃん」の時に過激ながらも、生きものと飼育員への愛情たっぷりなつぶやきなども注目され、フォロワーはわずか半月で5万人も増加。今は12万人超となった。森さんは新たな「ハマスイファン」に対し、「生きものだけでなく、スタッフとのふれあいもフランクに楽しめる。ここでしかできない思い出や奇跡体験をお約束します」とコロナ終息後の来館を呼びかけている。

桂浜水族館

公式ウェブサイト :https://katurahama-aq.jp/

ツイッターアカウント:https://twitter.com/katurahama_aq

YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UC-X5T2sXAHcZdQ8mS6D_wMw

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集