メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親子で感染「加害者扱い」「後ろ指さされるよう」 仙台の男性、長男はSNS中傷も

インターネット上では新型コロナウイルス感染者を中傷するまとめブログなどもあり、誤った情報が拡散されている

 新型コロナウイルスに親子で感染した仙台市内に住む50代の男性会社員が毎日新聞の取材に応じた。激しいせきなどが続き「死にそうな思い」をしたうえ、大学生の長男もインターネット上でいわれなき批判を受けた。男性は「被害者なのに加害者扱いされ、常に後ろ指をさされているような感覚。息子が無事に大学に通えるか心配だ」と訴える。【神内亜実】

 男性は3月31日、38度の発熱やのどの痛み、耳の違和感を覚えて市内の病院を受診。「ただの風邪」という診断を受け、風邪薬や解熱剤を処方された。自宅待機し、4月3日には平熱に戻った。

この記事は有料記事です。

残り2306文字(全文2560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  4. 大阪・吉村知事がうがい薬の使用呼び掛け、メーカー株価急騰

  5. ORICON NEWS シャア役・池田秀一、体調不良で『ガンプラ』特番のナレーション変更 アムロ役・古谷徹に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです