メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

政治評論家・有馬晴海さん 国民と政治家の通訳、出会いの場を提供

「趣味は人とご飯を食べ、同じ時間を共有することです」=東京都千代田区で、藤井太郎撮影

 新緑がまぶしい季節だというのに、列島は閉塞(へいそく)感に覆われている。待ち合わせたのは東京・永田町の日枝神社前。首相官邸や国会議事堂が間近にあり、参拝する政治家が多いことでも知られる。「国民と政治家の間で双方の『通訳』をすることが自分の役割」と話す政治評論家の目に、新型コロナウイルス禍はどう映っているのだろうか。

 「この事態は一刻も早く収束させないと。だけど、検査態勢の整備や感染者の隔離体制が後手に回り、感染を拡大させたのではないでしょうか。欧米並みの都市封鎖や休業補償も検討すべきなのに、中途半端な『経済維持』が念頭にあるせいか、場当たり的な対応が目立つ。このような国難は政治でしか解決できませんが、その取り組みが十分にできていない」

この記事は有料記事です。

残り1379文字(全文1701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  2. 神奈川で加速度的に感染者増 16日間で1万人増 入院せず療養5243人

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  5. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです