特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ はり・きゅう、仕事激減 窮地の視覚障害者 給付まで「生き延びられるか…」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
治療院を休業した笹原稔さん。手前はストックがもうないという消毒剤など=東京都品川区で4月、尾籠章裕撮影
治療院を休業した笹原稔さん。手前はストックがもうないという消毒剤など=東京都品川区で4月、尾籠章裕撮影

 新型コロナウイルスの感染が拡大している影響で、視覚障害がある人たちが生活の糧にしている、はり・きゅうやマッサージの仕事が激減している。体に触れる仕事だけに、感染リスクが高まることを恐れる患者が多いためだ。「このままでは生活が立ちゆかない」との声が上がっている。

 「お客さんも来ないし、消毒液もない。25年あまりやってきたが、これはただごとじゃない」。東京都品川区で、はりやマッサージなどを施す「アサヒ治療院」を営む笹原稔さん(73)は施術台わきの椅子に座り、力なくつぶやいた。

 高校卒業後、貿易会社に勤めたが、30歳を過ぎた頃から難病で徐々に視力を失い、43歳で全盲になった。妻と2人の子どもを養うため、会社を辞めて学校に通いマッサージ師などの資格を取得。47歳の時、退職金をはたいて治療院を開いた。やがて、なじみの患者も増えて「良い職につけた」と感じていた。

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1152文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集