メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

続・西谷流地球の歩き方

ミキモトショックからの大逆転

 「原油に頼らない経済立国を」。湾岸諸国の一つ、カタールは近年観光業に力を入れていて、昨年3月に巨大な国立博物館をオープンさせたばかり。私がここを訪れたのは2月中旬、まだ新型コロナウイルスが中東を襲う前のことであった。

 カタールの先住民はベドウィンと呼ばれる砂漠の民。彼らがこの地で遊牧生活を始めたのが約3000年前。7世紀以降にイスラム化され、第一次世界大戦までオスマン・トルコの支配下に入った。

 「ワンカップ!(一口だけだ)」。映画「アラビアのロレンス」で、ロレンスが水筒の水を一気に飲もうとして部族長に注意される。水の一滴が血の一滴なのだ。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです