メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ NPT再検討会議が延期したが… オンラインで「核廃絶を」 被爆者や学生ら600人が議論 /東京

オンライン会議システム「Zoom(ズーム)」を使った会議の様子

 核拡散防止条約(NPT)再検討会議が新型コロナウイルスの影響で延期したため、市民らが4月29日、インターネット上で「勝手に」会議を開いた。4月下旬からの同会議に参加予定だった被爆者や市民団体関係者、大学生ら約600人が参加し、核兵器を巡る現状への理解を深めつつ、被爆75年に向けてそれぞれが核廃絶の取り組みを進めることを呼びかけた。【竹内麻子】

 NGO「ピースボート」(新宿区)が主催。講演した長崎大核兵器廃絶研究センターの中村桂子准教授は、近年アメリカが「安全保障環境そのものが悪化していて核軍縮を進める状態にない」と主張していることについて、「NPT再検討会議の議論自体が形骸化してしまう非常に危うい状況」と指摘した。「すべての締約国に核軍縮を義務づけているNPTの原点に立ち戻れるかがポイント」と話した。米国の核の傘の下にいる日本の立場に…

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新種昆虫に“中村哲医師” エジプト人研究員が命名提案 「功績を知って」

  3. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  4. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  5. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです