メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナに負けない!

高森町長と学生オンライン飲み会 「帰省我慢」米贈り応援 現状話し合い、支援実現 /長野

テレビ会議で学生たちと語り合う壬生照玄高森町長(中央)。スピード感を持って学生に米を贈ることを決めた=Zoomから

 高森町は新型コロナウイルスの影響で町への帰省を自粛する県外の学生に向け、5キロの米を贈る取り組みを始めた。きっかけになったのは、町長と学生が参加した「オンライン飲み会」。「本当は帰りたいけど、感染を広げないために帰るわけにはいかない」と我慢する学生の声が届いた形だ。【原奈摘】

 「こんなに早く決まるとは。正直びびっています」とスピード感に驚くのは、山梨大4年の木村優也さん(21)。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などで町の魅力などを発信する「わかもの☆特命係」に任命されている。そのメンバーが壬生照玄町長(50)と「新型コロナウイルス感染拡大の中でどんな活動をしていくか」「学生の現状は」を話し合うオ…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです