メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天皇陛下即位1年 若い世代へ発信を 政治学者・御厨貴氏

政府の専門家会議の尾身茂副座長から、新型コロナウイルスの感染拡大状況について説明を受けられる天皇、皇后両陛下=東京都港区の赤坂御所・檜の間で4月10日(宮内庁提供)

 即位1年を迎えられた天皇陛下と皇后雅子さまの歩みについて、退位を巡る政府の有識者会議で座長代理を務めた政治学者の御厨貴氏に聞いた。

 「即位礼正殿(せいでん)の儀」やパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」に臨まれた天皇陛下はりりしく、皇后雅子さまとともに積極的に即位行事をこなす姿は非常に印象深かった。陛下は一夜にして見事に皇太子から天皇になられたと感じた。上皇さまの歩みも踏まえつつ、新しい時代に合った象徴天皇像の模索はまだ始まったばかりだが、まずは順調に滑り出したと言えるのではないか。

 ただ、現在は新型コロナウイルスの感染が拡大し、天皇、皇后両陛下の活動も大きく制約されている状況が続く。陛下は誕生日を前にした記者会見などを通じて事態を深く憂慮し、国民生活を案じていることを表明した。しかし、国難とも言える状況だ。ビデオメッセージのような、より強い方法で発信してもよかったのではないか。

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文1097文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 全国移動は6月19日からOK 政府、経済活動再開の指針公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです