メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

萩本光威さん=関西ラグビー協会長に就任した元日本代表監督

 豊かな「現場経験」が買われた。日本ラグビー協会より早く1925年に創設された老舗協会のトップを今春、託された。22府県を束ねる要職を「自分でも、よう受けたなと思う」と苦笑するが、愛する楕円(だえん)球への思いが決断を後押しした。

 ラグビー界随一の多彩な指導歴を誇る。「ミスター・ラグビー」と呼ばれた故平尾誠二さんらと共に黄金時代を築いた神戸製鋼で、選手兼任コーチに就いたのが36歳の時。現役引退後は98年にチームのヘッドコーチ(HC)に就き、女子日本代表HC、男子日本代表監督を歴任した。部員不足の高校生が出場する大会に携わったこともある。

 昨年は台湾代表の実質的な監督を務め、練習内容を大幅に変更して選手に基本をたたき込んだ。一方で「現場人間」の自身の無力さを痛感した。選手らに与えられた環境は不十分で、協会運営から見直す必要性を感じた。「現場でチームを立て直すより、オール台湾という絵を描ける人が行くべきだった」

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです