メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ・緊急事態

量販店では品薄なのに 「街角マスク」飽和の怪

上野・アメ横商店街のかばん屋の店先で販売されているマスク。かばんの問屋からマスクも仕入れているという=東京都台東区で2020年4月22日午後1時13分、五十嵐朋子撮影

 新型コロナウイルスの影響でマスクの需要が高まる中、雑貨屋の店先や路上でマスクを売っている光景を目にするようになった。ドラッグストアなどの量販店では品薄が続いているのに、なぜ街角にはマスクがあふれているのか。

中国の業者「売り込み」

 「マスクありますよー」。4月中旬、東京都中野区の中野サンモール商店街。靴屋の店先で店員が呼び込みを始めた。不織布の使い捨てマスクが5枚入りで490円だが、飛ぶように売れていく。約1年前は小売店での平均単価は1枚18円だったので5倍以上。池袋のタピオカ屋の店先では、無造作に置かれた段ボール箱で50枚入り3500円のマスクが売られていた。

 最近になってマスクを取り扱うようになった東京都杉並区の洋服雑貨店の店主、夏目秀人さん(45)は仕入れルートについてこう説明した。「もともと取引のあった問屋から『マスクも卸せる』と打診があった。本業の売り上げは落ちているので、足しになればと思った」

 小売店にマスクを卸している大阪府内のアパレル関連業者は、中国から服飾品の輸入を手がけていたが、3月ごろからマスクも取り扱うことになったという。担当者は「中国の業者からマスクの売り込みを受けた。ドラッグストアなどにも卸そうと思ったが、もともと取引がないからか採用してもらえなかったので、既存の販売ルートで小売店に卸している」と話す。

 全国マスク工業会によると、中国では…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文1009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです