特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

福島の大学生も苦境 コロナでバイトできず収入激減 休学申し出も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
福島大学生の渡辺倖平さんは1日のほとんどを寮の自室で過ごしている=福島市金谷川の福島大学信夫寮で、磯貝映奈撮影
福島大学生の渡辺倖平さんは1日のほとんどを寮の自室で過ごしている=福島市金谷川の福島大学信夫寮で、磯貝映奈撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、福島県内でも遊興施設や飲食店など、多くの店舗が休業や営業時間の短縮を強いられている。これらの店でアルバイトをしていた大学生は収入がなくなり、生活に大きな影響を受けている。【磯貝映奈】

 福島大では、敷地内の学生寮3棟に約500人が暮らしている。同大は休講中だが、県をまたいだ移動の自粛が求められていることから、ほとんどの寮生は帰省せず、寮にとどまっている。各階のリビングに検温器と消毒用アルコールが置かれ、寮生たちは毎日の検温結果と行動歴の記録を求められている。

 政府による緊急事態宣言が全国に拡大されたことを受け、福島大は独自に学生の行動ガイドラインを作成した。不要不急の外出を控えるのはもちろん、アルバイトの自粛も求め、続ける場合は「3密」(密閉、密集、密接)となる状況での作業を避けるよう呼びかけている。

この記事は有料記事です。

残り932文字(全文1305文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集