「湯の谷温泉」228年の温泉に幕 新型コロナが決定打に 宮崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
最後のお客さんを見送る有岡京子さん(中央)と洋之さん=宮崎市高岡町小山田の湯の谷温泉で2020年4月29日午後4時48分、杣谷健太撮影
最後のお客さんを見送る有岡京子さん(中央)と洋之さん=宮崎市高岡町小山田の湯の谷温泉で2020年4月29日午後4時48分、杣谷健太撮影

 宮崎市高岡町小山田の「湯の谷温泉」が閉店した。新型コロナ問題が決定打となった。親子代々通う常連客もおり、地元に愛されたが、創業228年の歴史に幕を下ろした。

 自噴する温泉の泉質はナトリウム―炭酸水素塩冷鉱泉。ボイラーで温めており、風呂は大人4人も入れば「満員」の広さだ。

 店主の有岡京子さん(78)が親から温泉を継いだのは平成初期。「湯温を巡ってお客さんが風呂おけで殴り合いをしよった」と夫洋之さん(82)は笑う。今は客に合わせ、ボイラーで調整している。

 洋之さんが中心となって切り盛りしてきたが、昨年末ごろから体調不良に。「休業」の2文字が頭に浮かぶようになってきた時に起きた新型コロナ問題。「感染者が出れば皆に迷惑がかかる」。そう考え、4月上旬に急きょ休業を決めた。

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文701文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集