メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

兵庫県が営業継続のパチンコ3店に休業指示 全国初 神奈川県も

1日も営業を続けたパチンコ店に入る客ら=神戸市灘区で2020年5月1日午前10時3分、中田敦子撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業要請を巡り、兵庫県は1日、要請に応じず営業を続けているパチンコ店3店に対して、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき休業を指示した。同法に基づく休業指示は全国初。指示は法的に従う義務が生じるが罰則はない。同日、神奈川県も横浜市内のパチンコ店1店に休業を指示した。

 指示を受けたのは、「フェニックス新在家」(神戸市灘区)▽「フェニックス摩耶店」(同区)▽「フェニックス長田店」(同市長田区)▽「アマテラス」(横浜市保土ケ谷区)。

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  5. 「給付金、今すぐくれないなら死ぬ」 逮捕された男はなぜ窓口で騒いだのか 孤独と貧困と誤解と

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです