メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「南米の羽子板」フレスコボール人気上昇中 老若男女3密伴わず手軽に運動

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、人気を呼んでいるマイナースポーツがある。ブラジル発祥の球技で「南米の羽子板」とも称されるフレスコボール。「密」を伴わないルールを強みに、老若男女から手軽な運動不足解消法として注目されている。

 リオデジャネイロの観光名所・コパカバーナ海岸で1945年に誕生したとされるビーチスポーツで、南米諸国のほか欧州、オセアニアでも親しまれている。2人1組で羽子板に似た専用ラケットでゴムボールを打ち合う。同じラケット競技でもテニスや卓球と違って、向き合う2人は「敵」ではなく、ボールをつなぐ「味方」。競技会では、最低7メートル離れたペアで5分間のラリー回数を競う。股の間を通して打ち返す「股抜きショット」など技術でも加点される採点競技だ。

 国内では2013年に日本フレスコボール協会(東京都世田谷区)が立ち上がったばかりで、愛好者は約3000人、トップ選手は約20人とされる。ただ15年に初の世界選手権が開かれ、16年リオデジャネイロ・オリンピックを機にブラジル文化として脚光を浴び、少しずつメディアで紹介される機会も増えていた。

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1321文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 横田滋さん死去 87歳 北朝鮮拉致被害者・めぐみさんの父 家族会元代表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです