中東派遣の護衛艦「きりさめ」10日出航 コロナ対策、14日間は近海訓練

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
防衛省の正門=東京都新宿区市谷本村町で2019年3月、本橋和夫撮影
防衛省の正門=東京都新宿区市谷本村町で2019年3月、本橋和夫撮影

 防衛省は1日、中東海域に派遣している海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」の後継として、10日に護衛艦「きりさめ」を海自佐世保基地(長崎県)から出航させると発表した。新型コロナウイルスの感染予防策として、ウイルスの潜伏期間とされる14日間は日本近海で訓練し、乗員約200人の健康状態を見極める方針。

 河野太郎防衛相は1日の記者会見で、きり…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文382文字)

あわせて読みたい

注目の特集