メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安定的な皇位継承、検討は先送り 綱渡り続く 天皇陛下即位1年

即位1年を迎えられた天皇陛下と、皇后雅子さま=東京都港区の赤坂御所で2020年2月12日(宮内庁提供)

 天皇陛下の即位から1日で1年を迎えた。皇位継承資格を「男系男子」に限る現制度では、陛下より若い世代の継承資格者が秋篠宮さま(54)の長男悠仁さま(13)に限られる。安定的な皇位継承の検討が求められるが、政府の動きは鈍い。新型コロナウイルスの感染拡大の余波で検討開始は先送りされ、皇位継承は綱渡りの状態が続く。

 上皇さまの退位を実現した皇室典範特例法の付帯決議は政府に対し、安定的な皇位継承の検討を、退位後「速やかに」行うよう求める。政府は、秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣となられたことを国内外に宣言する「立皇嗣の礼」終了後、検討を始める予定だった。

 ところが…

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文1024文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 新たに21人の感染確認、1万7306人に 死者12人増、865人 新型コロナ

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです