メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京都、要請に応じた事業者への協力金 宣言延長でも追加支給せず

記者会見する小池百合子・東京都知事=都庁で2020年4月15日、黒川晋史撮影

 東京都は、新型コロナウイルスの感染防止で休業要請などに応じた中小事業者に最大100万円を支払う協力金について、政府の緊急事態宣言が延長されても増額しない方針を固めた。延長期間がさらに長引く可能性もあり、期間に応じた増額は財政への負担が大きいと判断したとみられる。

 都が創設した「感染拡大防止協力金」は、少なくとも4月16日から5月6日までの間、休業や営業時間短縮の要請に応じた中小事業者…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. ジャパンライフ立件へ 被害2000億円、元会長ら詐欺容疑 警視庁

  4. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  5. 新型コロナ 新たに10人が感染 確保の155床に115人入院 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです