メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・アーティスト

Saigenji 音楽の精気と愛を開陳

Saigenji ミュージシャン

 <楽庫(らっこ)>

 アルバムデビューは、2002年。日本語のポップスの親しみやすさとブラジル音楽が持つメロディー感や天衣無縫さのしなやかな溶解を、ずっと求めてきたシンガー・ソングライターがSaigenjiだ。

 「ジョアン・ボスコやミルトン・ナシメントらをはじめとする、ブラジル音楽にはまってしまったのがきっかけですね。ああいう個人としてのキャラは立っているのにめちゃ音楽性は高いという存在にすごい憧れまして、そういうことを日本語でやりたかったんです」

 日本人離れしたスケール感と歌心を抱えるSaigenjiの新作「ライブ コンパス・フォー・ザ・フューチャー」は、2枚組みのライブ盤である。それは、昨年3月と9月にモーション・ブルー・ヨコハマで行われた公演を音源とする。「年に60~70回ほどしていますが、ライブは僕にとってコミュニケーションのツールですね。また、日々蓄積させているものを一気に放つ場でもあります」

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文1042文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 横田滋さん死去 87歳 北朝鮮拉致被害者・めぐみさんの父 家族会元代表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです