メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁
幻影のふるさと

江戸川乱歩 人と作品/3 1926(大正15)年~1927(昭和2)年「パノラマ島奇談」 /三重

「ユートピア」建設の夢

 今回紹介する小説の舞台は、鳥羽市です。江戸川乱歩はデビュー前に、鳥羽の造船所で事務員として勤めていたので、美しい鳥羽の海は、記憶に刻み込まれた特別な風景であったことが想像できます。そういった海と島のイメージが織り込まれた作品が、雑誌「新青年」に1926(大正15)年から翌年にかけて連載された「パノラマ島奇談」(初出は「パノラマ島奇譚」)です。

 早速、ストーリーを見ていきましょう。東京の山の手にある、学生街の下宿屋に人見広介という30代の男が住んでいました。彼は三文文士の生活を続けながら、ある「夢」を見ていたのです。その夢とは、自分自身の力で「ユートピア」を建設する夢でした。

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文1042文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです