メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

新型コロナ発生源は中国の研究所なの? 米政権が「関与説」調査 中国は「陰謀論」と否定=回答・岡崎英遠

中国科学院武漢ウイルス研究所の実験室が入る建物=共同

 なるほドリ 新型(しんがた)コロナウイルス感染症(かんせんしょう)で中国のウイルス研究所が話題になっているね。

 記者 中国湖北省武漢市(こほくしょうぶかんし)にある「中国科学院武漢ウイルス研究所」のことですね。この研究所はウイルス学の基礎(きそ)研究や農業の発展などを目的に1956年に設立されました。2003年に流行した重症急性呼吸器症候群(じゅうしょうきゅうせいこきゅうきしょうこうぐん)(SARS)を教訓(きょうくん)に、所内にはエボラウイルスなど危険性の高い病原体を扱えるバイオセーフティーレベル4(BSL4)の実験室も設置されています。ホームページには「我が国で最初に正式運用されたBSL4の実験室を備え、中国で唯一の『ウイルス標本館(ひょうほんかん)』」と紹介されていま…

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです