メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

感染爆発抑えたベトナム=ベトナム簿記普及推進協議会理事長・大武健一郎

 先日、日本から帰国したベトナム人留学生2人が新型コロナウイルスに感染していて隔離されたと報じられたが、ベトナムではコロナウイルスによる死者はまだ出ていない。

 ベトナム政府は中国・武漢でのコロナウイルス流行を知り、今年1月から幹部の海外渡航を禁じた。旧正月明けの2月3日から学校を休校とし、患者が発生した北部のソンロイ村を3月3日までロックダウン(封鎖)した。

 3月には感染者と濃厚接触者にスマートフォンのアプリ導入を義務づけ、指定場所から30メートル以上移動すると当局が注意するほか、感染者の居場所が国民に分かるよう公開した。しかも、国民が感染した可能性のある人を当局に通報するしくみもとり入れた。市や村を越えてバスで移動する際には、名前や住所、電話番号の登録を義務づけるなど国内の移動規制も徹底的にやっている。この結果、4月28日時点の感染者は計270人で…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです