メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

@メディア

災害時、氏名を原則公表へ 黒岩祐治・神奈川知事、全国知事会特別委員長

インタビューに応じる黒岩祐治知事=横浜市中区の神奈川県庁で2020年4月27日、洪玟香撮影

 神奈川県の黒岩祐治知事は3月、災害時の死者・行方不明者の氏名を原則として速やかに公表する方針を表明した。国の防災基本計画は氏名の扱いについて規定していないため、自治体ごとに実名か匿名かを判断しており、対応に違いがあるのが現状だ。全国知事会で危機管理・防災特別委員長を務める黒岩知事に、全国に先がけて方針を打ち出した理由や狙いを聞いた。

 ――原則公表を決めた経緯を教えてください。

 ◆ジャーナリズムの世界に身を置いていた人間として、情報は基本的に公開すべきだと思っている。同時にプライバシーの問題もあり、どこで線を引くかは非常に悩ましい。全国知事会を通じて基準策定を国に要請してきた。全国知事会の危機管理・防災特別委員長になり、しっかり議論しようと思っていた時、日本新聞協会から強い要望を受け、背中を押されたと受け止めた。

この記事は有料記事です。

残り961文字(全文1322文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  3. 核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです