メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメント・病院

新型コロナ 軽症患者の急変 「免疫の暴走」阻止できず

 福岡市で1日、新型コロナウイルスに感染した90代男性の死亡が確認された。新型コロナによる全国の死者は500人に迫り、福岡県内でも21人に上る。

 「大手の葬儀社に電話しても『コロナ』という単語を出した途端に断られた。引き取りが翌日になったこともあります」。新型コロナの患者を受け入れ、複数の人が亡くなっている福岡県内の総合病院で、遺族の手が回らない場合などに葬儀業者の手配に当たっている事務長が明かす。

 厚生労働省の担当者は「不安に思う人が多いようだが、遺体からの感染のリスクはかなり低い」と話す。それでも普通ならば葬儀業者が担う、ひつぎを粘着テープで目張りし、霊きゅう車に納めるまでの作業を病院側に任せるケースもあるという。「気持ちは分かるが、それでは日常的に患者さんに接している我々はどうなるのか」。事務長は静かに訴える。

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  3. 声優の水樹奈々さんが結婚 「奈々にちなんだ7月に」 お相手は音楽関係者

  4. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  5. 京都・祇園の舞妓2人が新型コロナ感染 感染経路不明、濃厚接触者20人は陰性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです