憲法に「緊急事態条項」創設に「賛成」45%、機運高まらず 全国世論調査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
憲法に緊急事態条項を設けることへの賛否
憲法に緊急事態条項を設けることへの賛否

 日本国憲法は3日、1947年の施行から73年を迎えた。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、憲法に緊急事態条項を設けるべきだとの意見が自民党内にあることについて、毎日新聞が4月18、19日に実施した全国世論調査では45%が「賛成」と答えた。「反対」は14%、「わからない」が34%だった。

 自民党は大地震などの大災害に対応するためとして、2018年にまとめた4項目の憲法改正条文案に緊急事態条項の創設を盛り込んだ。そこには、内閣の権限を一時的に強化する案と、選挙が実施できない場合に国会議員の任期を延長する案を併記している。新型コロナの問題で政府の緊急事態…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文695文字)

あわせて読みたい

注目の特集