メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法に忍び寄る「緊急事態」 私権制限、内閣権限強化…コロナ対策で待望論

新型コロナウイルスの感染拡大防止のための「外出自粛」で人通りが少ない銀座の街=東京都中央区で2020年3月28日午後0時17分、宮間俊樹撮影

 新型コロナウイルス感染拡大で政府が法律に基づく緊急事態宣言を発令する中、憲法の在り方が問われている。憲法は基本的人権として国民の自由な活動を保障するが、感染拡大を防ぐため自治体が国民の自由・権利に一定の制約を加えるケースが相次ぐ。憲法に「緊急事態対応」を明記する案を示した自民党は議論を促すが、現行法で対処できるという意見やコロナ対応に乗じることへの批判もあり、改憲議論そのものが停滞している。【青木純、高橋恵子、立野将弘】

この記事は有料記事です。

残り3522文字(全文3735文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  4. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  5. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです