特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

GW後半、真夏日も観光地ガラガラ 目立つ新幹線の空席、国内線93%減

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大型連休中にもかかわらず、人出が少ないお台場海浜公園。フェースガードをして歩く子どもの姿も見られた=東京都港区で2020年5月2日、竹内紀臣撮影
大型連休中にもかかわらず、人出が少ないお台場海浜公園。フェースガードをして歩く子どもの姿も見られた=東京都港区で2020年5月2日、竹内紀臣撮影

 外出自粛を政府が要請する異例の大型連休。2日に後半の5連休がスタートし、全国的に好天に恵まれたものの、観光地はガラガラの状態が続いている。通常なら帰省客で混み合う新幹線も空席が目立っている。

 外国人にも人気の東京・お台場。ショッピングモールや美術館、テーマパークがそろう観光スポットだが、こうした施設が休業していることもあり、この日は普段のような混雑は見られなかった。訪れたカップルや家族連れはマスク姿で、それぞれ一定の距離を保って海を眺めるなどしていた。

 大型連休には毎年、観光客でごった返すJR京都駅前のバスターミナルは、ほとんど人影が見られなかった。京都駅の新幹線ホームも人けがなく、出張から新幹線で帰ってきたという50代の男性は「ほぼ貸し切り状態だった。ホームにここまで人がいない光景を見るのは初めて」と驚いていた。

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文1026文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集