メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛驒市、スキー場運営会社撤退 管理体制を再構築へ /岐阜

 飛驒市の都竹淳也市長は4月下旬、ひだ流葉スキー場(飛驒市神岡町)の運営会社から、来シーズン以降の運営から撤退するとの申し入れがあったことを明らかにした。スキー場は、市が運営会社に無償で貸し出していた。市は今後の管理体制を再構築する。

 市に申し入れをした運営会社は、大阪市北区の緑風観光(若林康正社長)。スキー場の他、市神岡広域総合交流促進施設(温浴施設・Mプラザ)▽市流葉自然休養村オートキャンプ場▽市自然休養園コテージ――の計3施設の指定管理者で、いずれも来年3月末…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです