メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻影のふるさと

江戸川乱歩 人と作品/4 1936(昭和11)年 「怪人二十面相」 /三重

人気シリーズ第1作

 今回は、誰もが知る、江戸川乱歩の作品を紹介しましょう。「怪人二十面相」です。この作品は1936(昭和11)年に、雑誌「少年倶楽部」で連載されました。乱歩としては、初めての子ども向けの小説の執筆です。このころ、今まで書いてきた雑誌社からの小説の依頼が減り、「少年倶楽部」から強い要請があったのも、そのきっかけになりました。

 しかし、乱歩が子ども向けの小説を書いたのは、これが初めてではなかったのです。乱歩が大学の初年級のころ、三津木春影という小説家が死去しました。春影は雑誌「少女の友」で小説を連載していたので、同誌では続編を募集しました。乱歩はそれに応募しようとして、下書きを書いているのです。

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1051文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. 中日・京田選手が急逝した後輩の「背番号6」 NTT西の試合観戦 都市対抗

  5. NTT西のベンチに背番号6のユニホーム 亡きチームメートに誓った勝利 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです