メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 保育士が防護具作り 病院人手不足、9施設が協力 高島 /滋賀

フェースシールドを手作りする保育士たち=高島市野田の市立高島こども園で、若本和夫撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で医療物資の不足が続く中、高島市の市立保育園や認定こども園の保育士たちが4月30日、飛沫(ひまつ)を防ぐためのフェースシールドとアイシールドを手作りし、高島市民病院の担当者に手渡した。

 同病院では医師や看護師らが使う防護具が不足し、病院職員が手作りしていたが必要な数を満たすことができず、休…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文402文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  3. 熊本で13人不明 土砂崩れや住宅浸水も 11自治体約9万2233世帯に避難指示

  4. 「聞いたことのない音がした」 各地で土砂崩れ、感じた命の危険 九州南部で大雨

  5. 熊本・球磨村の老人ホームで14人心肺停止 ほかに3人低体温症

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです