メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「平和宣言」起草委初会合開かず 文書で意見募る コロナ影響、長崎市決定 「3密」避けるため /長崎

 長崎原爆の日の8月9日に長崎市で開く平和祈念式典で田上富久市長が読み上げる平和宣言文に関し、市は1日、被爆者らでつくる起草委員会の初会合を開かず、委員から文書で意見を募ることを決めたと発表した。例年は5月に初会合があるが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け「3密」を避ける判断をした。

 市平和推進課は「今年は被爆75年の節目…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文390文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです