メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

フジパン 富士のように1番に

 炊きたてご飯のようなもっちり感を実現した食パン「本仕込」で知られる製パン大手フジパン(名古屋市)。1922(大正11)年、創業者の舟橋甚重(じんじゅう)が、名古屋市中区に開いたパン・菓子店「金城軒」がルーツだ。

 愛知県の農家に生まれた舟橋は、13歳で和菓子店へ奉公に出た。コメが高騰し、代用食としてパンを求める人の列を目にしたのがきっかけで開業を決意。酒種を使って夜通し製造したパンを売り歩いた。

 開業翌年、関東大震災が発生。「復興」の名をつけた菓子が売れ、商売の見通しがついた。昭和初期には工場を開設し、菓子パンに注力。戦時中は工場閉鎖の苦難に遭いながらも、終戦後の46年に配給食糧のパン委託加工工場として再開した。その際、「富士山のように日本一になりたい」との願いを込めて「富士精糧工業」に改名。51年に「富士製パン」を設立して「フジパン」ブランドで販売を始め、66年に社名も統一した。

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. 大阪モデル黄信号 吉村知事「ピンポイントの戦略打つ」 「夜の街」対策を徹底 休校や施設休業は求めず

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです