連載

終活ナビ

毎日新聞デジタルの「終活ナビ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

終活ナビ

全財産を後妻に残したいが…

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 Q 前妻との間には子がおりますが、縁が切れています。公正証書遺言を作成しておけば、全財産を後妻に残せるのでしょうか。後妻との間に子はおりません。財産は、戸建ての自宅と預貯金のみです。(男性、60代)

前妻の子の遺留分考慮した遺言に

 A 全財産を後妻に残すという内容の遺言は有効ですが、トラブルを招く危険があります。前妻の子は遺産の取り分について最低保証となる遺留分を有しているからです。絶縁しても法律上の親子関係は続くため、前妻の子は第1順位の血族相続人で、遺留分請求権を有しています。遺留分を考慮した内容で遺言を作成すべきです。

 公正証書遺言の作成において、遺言執行人を選任します。遺言執行人を妻に指定すれば、相続発生の事実を前妻の子に知られることがないと思われるかもしれません。しかし、遺言執行人は相続人に遅滞なく遺言の内容を通知する義務があり、前妻の子に遺言の内容を必ず伝えなければなりません。前妻の子が遺留分侵害額を後妻に請求する可能性があります。その請求には金銭一括払いで応じる必要があるため、支払いに窮するおそれがあり…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文1019文字)

あわせて読みたい

注目の特集